2007年01月31日

逆境

愛読誌本で紹介されている『人物』には幾つかの共通点が
あります。

そこで毎週紹介されている内容は自分自身の人生におけ
る反省もうやだ〜(悲しい顔)であり、チャレンジパンチであり、戦い爆弾でもあります。

その殆どが「順風満帆」な過程ではなく、失敗や挫折から
の復活であり方向を軌道修正しながら目標を達成した内容
の対談が中心となっています。

その人が足歩んだ足軌跡が多くの読者に共感を与えるもの
であり、参考になるものばかり・・・。ふらふら

人生は人それぞれですが困難や逆境を味わいそれを克服
することは人間に課された宿命とも感じるこの頃です。

それを克服する努力をするか避けて通るかの違いだけ。

アクション映画映画ではヒーロー、ヒロインがそこで演じる
活躍を自分に置き換えて堪能できます。

また恋愛揺れるハート作品やその他の内容の作品についても反対の
圧力や逆境を乗り越えてハッピーエンドわーい(嬉しい顔)を迎えるストーリ
ーがその関心を引き寄せる要素になっています。

自分が演じてヒーロー、ヒロインにならずとも俳優の役
柄を自身に置き換えて納得してしまうもの・・・。

こう考えると人生満更でもない気もしますが、小人物がく〜(落胆した顔)
自認する小生自身に残されたヒーローになるチャンスは
あとどれくらいある(exclamation&question

posted by 不動産コンサルタント at 06:56| 東京 ☀| 趣味・娯楽・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

行政に望むこと

東京都の人口はおよそ1200万人くらい。
これは日本の人口の約10分の1に当たります。

ここに大阪と名古屋を加えて、所謂三大都市圏と云われ
る圏域の人口集積度は上昇右斜め上傾向にあるという。

反対にその他の地域では一部の都市を除いて人口が減
右斜め下し過疎化の傾向にあると云われています。

「この先の日本を考えるとき・・・ふらふら」なんて畏れ多いことを
云うつもりはありませんが、行政の行く末を想像すると
ある程度の予測が素人目にも目見えてきそうです。

国、都道府県、市町村とその行政単位もそれぞれですが、
北海道の夕張市では財政破綻が揶揄耳されています。

昨年は、市町村合併の流れにより新しいNEW市名も多く誕生
しました。

何となく生き残りを賭けたサバイバル爆弾ゲームの様な感覚
すら否めませんが、場当たり主義の結果にならないことを
祈ります。

形式的に形だけを取り繕い実質的な中身の吟味を先送り
ではいずれ何らかの「の部分」が顕在化するがく〜(落胆した顔)、なんて
ことにはならないように願うばかりです。

posted by 不動産コンサルタント at 06:12| 東京 ☀| 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

鉛色の空

冬の季節のを早朝のとした空気に例えたのは「枕草子
の清少納言ですが、冬の日本海の鉛色の雲曇りにも季節という
自然の営みを感じてみるのはいかがでしょう。

あのどんよりと垂れ込めた雲曇りは低く天空を覆い、その鉛色
の塊の中から白い花びらのように雪雪を撒き散らす。

そこに生活する人たちにとっては、毎年のことと分ってはいて
も雪に埋もれた冬の季節を疎(うと)んじることがあるのかも
知れません。

しかし、その雪が豊かな水という恵みをもたらし、この時期の
海の幸レストランは一段とその味覚を満足わーい(嬉しい顔)させてくれます。

たまにしか訪れない小生の勝手な感傷、とお叱りパンチをいただ
くことかも知れませんがご容赦あれ。

今朝の東京はどんよりとした雲曇りが上空を覆っています。
その空は高く鉛色の雲もその色がやや薄い。

これからの時期、ときどき雪雪を降らせる雲がどんよりと垂
れ込めることもありますが、それもそんなに長く続くものでは
ありません。

しかしジッと目眺めていると冬の日本海で見た景色が脳裏に
浮かんで、そのに感じ入ることができるから不思議です。ふらふら

これもひとえに自然がもたらしてくれた風物詩と云える所以
(ゆえん)からなのでしょうか。

posted by 不動産コンサルタント at 07:57| 東京 ☁| 自然・風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

アカデミー賞

年末年始の休暇中に観た映画映画「硫黄島からの手紙」に関
してのブログメモは今回で3回目。

それだけ印象に深く残ったと同時に内容を感じさせてくれた
からでしょう。

勿論小生は映画評論家ではありませんが「いいな」わーい(嬉しい顔)と感じた
映画がアカデミー賞ぴかぴか(新しい)の『作品賞』にノミネートされたと聞いて、
何となく鼻が高くなった気分。るんるん

大半が日本語のみの映像でありながら『外国映画部門賞
ではなく、アカデミー賞作品賞そのもへのノミネートというとこ
ろに感慨深きものを感じています。

クリント・イーストウッド監督作品というところにも関心が
集まった気がしますが、人種や言語を超えた作品に評価
を与えたという審査員の意識に注目しています。

日本国内で開催されるパンチボクシングの世界タイトルマッチ
に至っては身贔屓がアリアリと映るちっ(怒った顔)だけに、日本人や有
色人種への偏見を越えたこのような評価の在り方につく
づく感心させられます。

身贔屓」や「判官贔屓」というとかく陥り易い感覚の中
小生も冷静中立の立場でどれだけ判断できるのか(exclamation&question
ふと考えさせられる。ふらふら

posted by 不動産コンサルタント at 07:53| 東京 ☁| 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

マクロ感覚のすすめ3

トイレを持って人の親になったとき、我が子の感性は理解でき
ても、
そこでとる行動は自然に親としての行動になっている。

なぜなら我が子と自身の両方を自覚でき是非を判断する基
準が備わっているからなのでしょうね。

組織や社会においても同じ様な状況を想定してみることが
出来るのではないかと思えます。

誰でもNEW新入社員であったときの感覚は記憶の中に残してい
るもの・・・。

そこに違いがあるとすれば社会環境の変化と共に本人の性
格や欲望の違いということであり、人間としてのモラルを超え
た本質の違いではないと考えられます。

年令や多少の能力による違いがあるとしても、経験値はそ
の人の人格を形成する要素にもなり得ます。

また誰でもそうですが、心地よくいい気分(温泉)感じることはいつまでも
その環境に浸っていたいものですし、全体が自分の方を向
いてくれて自分を中心に回っているのであれば、こんなに
楽なことはありません。

しかし、現実の世の中はその反対ばかりと感じられるくらい
の気がします。

こんなとき小学生のころに読んだ歴史上の偉人と称される
人の『伝記』本の記憶が甦ってきます。

基本的な指針の殆どがこれら偉人達が逆境の中で頑張りあせあせ(飛び散る汗)
抜いた経緯の中に羅針盤のように示されている。

どうして自分だけがと感じる不遇の人生でも、先人たちの
誰かはそれ以上の困難を克服してきた・・・と。ふらふら

小生の苦労など、まだまだほんの入口に過ぎない。
posted by 不動産コンサルタント at 07:55| 東京 🌁| 趣味・娯楽・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

』それは実現のはじまり。
』そればただ漠然とした思い。
夢の捉え方は人それぞれだと思います。

しかし、夢に向かって確(しっか)りとした目標を立て、
実現に向けて一生懸命に努力あせあせ(飛び散る汗)する。

今小生たちの身の回りの全てが生活の中で誰かが考えひらめき
そして誰かが研究に没頭して創り上げたものばかり。

「不便だな」「こうだったら良いな」「こうなりたいな」ふらふらの全て
が夢、そして現実への入口。
こう考えると少しだけやる気るんるんが湧いてきます。

小生にとっても今は人生の仕上げのとき。
今月、今年、2年後そして5年後の夢があります。

問題はその達成する方法の研究と努力の仕方。
また、それが辛いもうやだ〜(悲しい顔)か楽しいわーい(嬉しい顔)かも本人の感じ方次第。

楽しくなければ辛くなる。
楽しかったら自ずとやる気が湧いてくる。

そう云えば今年のH社N常務の書初めの題も『』。
その夢って何だろう?

しかし、聞くのはやめておこう・・・。
夢は達成してからその満足を分かち合うものだから。

posted by 不動産コンサルタント at 08:12| 東京 ☁| 趣味・娯楽・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

受験シーズン

4月1日のフレッシュマンと受験会場に向かう受験生トイレ
ひと目でそれと分るから不思議です。

日常化した慣れた雰囲気ではなく、何となく不慣な仕草
がそう感じさせるのでしょう。

今年も受験シーズンがスタートモバQしました。
その中でも高校や大学入試に向かう受験生が目立ちます。

日頃の勉強の成果を出し切れるかそれともケアレスミス
が明わーい(嬉しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)を分けるか、毎年繰り返される光景です。

人生の中で何度か味わう受験の息苦しさ修行パンチのひとつ。
誰もが味わってきた関門だが、その関門をくぐり抜ける
チャンスは人生の中でも今回限り。

今頃はどこの天神様でも絵馬に書かれた合格祈願の掛札
がぎっしりと掛けられていることと思います。

朝早くからお母さんが作る心のこもった手作りのお弁当
は持った?
受験票は?時計は?筆記用具は?電車賃は?
ちゃんとカバンやポケットの中に入れたかな・・・exclamation&question

駅の改札口まで見送って別れる親子連れ。
ホームで同じ電車電車を待つ学校の仲間。

このシーズンだけの風物詩とも云えそうだ。

それぞれが春の入学シーズンにはきっと志望校ビルの門を
くぐれるようエールを送りたい。

posted by 不動産コンサルタント at 07:52| 東京 ☀| 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

苦労と努力

「若いうちの苦労は買ってでもしろexclamation×2

母方の伯母学生時代の小生に口癖のように云ってく
れた言葉です。

この言葉の意味するところを、今になって思えば結構と
奥が深い・・・。ふらふら

言葉尻だけ捉えて「若いうちは辛いことでも何でもやっ
ておけ」としか小生は考えませんでした。

小生の親の世代は戦後の食べるのが精一杯という貧しい
暮らしの中、生活と子育てのためガムシャラあせあせ(飛び散る汗)に働き日本
の経済発展右斜め上を成し遂げた世代です。

そこには泣き言もうやだ〜(悲しい顔)を云ってはいられない厳しい現実がある
中で、明日への目標希望という確かな手応えを感じな
がらやってきた自負があったのだと思います。

自分が蒔(ま)いた種で自業自得がく〜(落胆した顔)に陥り、しなくてもいい
苦労をしたり、目的を持たないでただ漫然と苦労だけす
る中で苦労努力を勘違いし続けた小生の過去。パンチ

親になって子トイレを持ち、生活を支える責任が出てきて改め
て思う伯母からの教訓。

自分の子トイレに伝える責任を感じていますが、まだまだ伯母
のように自信を持って云えない小生です。

気付いたときが出発点・・・。
人生の目標を定めた努力を続けたいものです。

 
posted by 不動産コンサルタント at 07:27| 東京 ☀| 生活・家族・友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

ポケットティッシュ

貴方はポケットティッシュを貰う派それとも自分で買う
派(exclamation&question)と聞かれたらいかがでしょう。

朝夕の通勤途中でポケットティッシュを配られるときの
タイミングについていつも感じています。

「お早うございますわーい(嬉しい顔)」の挨拶と同時に手籠から取り出
したポケットティッシュを手際よく渡すタイミングと、受け
取ってくれそうな人を上手く見分ける方法は、慣れる
に従ってそうなるのかなと思ってしまいます。

寒い朝はコートのポケットから手手(グー)を出して受け取るの
も億劫(おっくう)になる人が多くなる中で、手手(パー)を出して
くれそうな人を見極めて素早く渡す芸をいつも感心して
見ています。

貰う側には貰う側でポケットティッシュを貰うタイミング
の必要なときがあります。

大体10mくらい先にポケットティッシュ配りの掛け声演劇
目見つけると受け取るタイミングを計り、そこで上手く
呼吸が合わないと貰い損ねてもうやだ〜(悲しい顔)しまいます。

また、前の人が続けて貰ったりすると自分が貰わないの
は損をした気分にもなったりもします。

寒さに凍える時期は自然に鼻水たらーっ(汗)が出てしまうことも多い。
アレッ・・・がく〜(落胆した顔)、かばんの中にティッシュない。

ウーンふらふら、戻って貰うのも気が引ける。
今度こそタイミングをはずさないぞ・・・。

posted by 不動産コンサルタント at 06:43| 東京 ☀| 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

食材

最近お赤飯に似たごはんがレストラン食卓に上がっています。

何となく味が違うので「これ新しい赤飯?」という小生の
疑問に「雑穀ごはんヨexclamation」と返される家我が家の食卓。

食べてみて、その食感から何となく「栄養が豊富」と感
じておりました。

ある食品メーカーの宣伝文句を読んでいると、たんぱく
質、ビタミン、ミネラル、食物繊維がタップリ含まれた
16種類もの穀類からできているとか・・・。

インスタントやレトルト食品が横行する今の時代にこそ
求められる日本古来の胃にハートたち(複数ハート)優しい食材の数々。

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、す
ずな、すずしろ」
すぐに春の七草がすべて思い浮かぶ人はどれくらいexclamation&question
秋の七草にいたっては・・・ふらふら
 

小生にしても中学生か高校生のころの古文で丸暗記した
程度の知識しか持ち合わせていない。

ましてや「すずな」が「カブ」、「すずしろ」が「ダイ
コン」の別名なんて本当に知りませんでした。

古人(いにしえびと)の嘆きもうやだ〜(悲しい顔)が聞こえてきそう。

身近にある栄養満点ぴかぴか(新しい)食材をもう一度じっくり見直して
みる必要がありそうです。

posted by 不動産コンサルタント at 07:53| 東京 ☔| 生活・家族・友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

強い信念

愛読している雑誌本に、ひと通り功を成し名を遂げた人物
の談話メモが毎週掲載されています。

日頃感じている小生自身に不足する要素を補い参考にで
きる内容がいつも凝縮されています。

そこには共通して『強い信念』が読み取れます。

その中でキスマーク異口同音に語られる内容は最初から成功を約
束されていたものではなく失敗もうやだ〜(悲しい顔)や不満ちっ(怒った顔)からの反省と努
力の軌跡が数多く語られています。

「ヘエーッ、あの人もそうだったんだ」がく〜(落胆した顔)と思うと自然に勇気
づけられてくる。

仮に成功者ぴかぴか(新しい)と呼ぶなら、この人達が意識するものは成功
するための方法の研究と努力し続ける実践力ではないか。

そこで語られることは小生の失敗もうやだ〜(悲しい顔)や不満ちっ(怒った顔)と同様のもの
であり、やるべき方法も日頃小生がやっていることと大差
は感じられない。

成功する術を望むなら成功者と小生の違いは何か(exclamation&question)、
を見つけることひらめきが早道。

そこで読み進むうちに明確な違いを目発見。
そこには必ず絶対に成し遂げるという意志継続し続け
るという二つの『強い信念』がありました。

これって先天的なもの、否きっと違うはず・・・。ふらふら
posted by 不動産コンサルタント at 07:09| 東京 🌁| 趣味・娯楽・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

想像力

『母親が手(チョキ)人と娘が手(チョキ)人でレストランレストランに行きました。
全員が1000円のランチを食べて5000円札を出した
ら2000円のおつりを貰いました。なぜexclamation&question
というなぞなぞがあります。

子供トイレは半額だったから・・・。
店員がつり銭を間違えたから・・・。
と色々な回答がありました。

小生も「・・・?」と普通に考え普通におかしい(exclamation&question)とふらふら
頭をひねりました。

これって人生の中で人それぞれに違った環境に育ち、身に
付けた感性や受けた教育によって違いが生じてくるものな
のだろうか・・・。

何かひとひねりあるなと感じて想像力を高め、回答を導き
出せる感性は特別なものなのかも知れません。

新聞のメモコラムをイメージしたブログを心掛けている小生
ですが、まだまだ遠く及ばないと感じながら、最近続けて書
いていることに苦痛はなく、新しい題材を発見するわーい(嬉しい顔)喜び癖
がついてきていると感じるときがあります。

そこで推理小説本を書く作家は読者を弄(もてあそぶ)こと
を目的にしているのではなく、自己陶酔が目的ではないか、
何て勝手に考えたりしています。ふらふら

しかし、人の心理の裏側(問題を作る側)を読めたとしたら、
逆に面白さが半減バッド(下向き矢印)してしまうかも・・・。

【なぞなぞの答】
『祖母、母、娘の三人でレストランに行ったから』でした。

posted by 不動産コンサルタント at 07:59| 東京 ☀| 趣味・娯楽・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

餅つき

小生の好きな食べ物赤飯お餅があります。

蒸篭(せいろ)でふかしたてのもち米は何とも云えない芳
しい香りと口にしたときの食感が最高exclamation×2

高校生までは家実家でのは小生と弟の役目でした。

木臼にふかしたもち米を入れ、それを杵でよく練ってか
ら徐(おもむろ)につき始める。

「餅つきの極意は初めの練りにあり」とは暫く経って母親
から聞かされたこと。

餅つきの華はペッタンペッタンと威勢のいい音るんるんと掛け声
と思っていた小生には中々理解できませんでした。

力の入れ具合を間違えるとが杵から離れなくなったり、
木臼の縁を杵で打ち損ねての中に木屑が混じったりと
散々でした。もうやだ〜(悲しい顔)

今年も恒例になった弊社のわーい(嬉しい顔)賀詞交歓会が行われ、有志
によるも実施されました。

臼は石臼になっていますがの極意は同じ。
普段はあまり使わない筋肉を酷使して筋肉痛どんっ(衝撃)になった社
員も多かったはず・・・。

初めの練りの仕方での歯ごたえに違いがあるのを何人
の社員の方が気づいてくれたかは全く不明・・・exclamation&question

今の家庭では機械による餅つきに変わってしまいました
が、日本に残したい風習の一つです。

posted by 不動産コンサルタント at 07:57| 東京 ☀| 生活・家族・友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

父親からの手紙

クリント・イーストウッド監督が手懸けた映画映画「硫黄島
からの手紙」が引き続き好評のようだ。

年末年始に掛けての休暇中に小生が観た映画の一本が
この作品でした。

先の大戦爆弾で敗戦濃厚な日本軍が圧倒的な物量を誇る
アメリカ軍を前にして戦う凄惨さが描かれていました。

人が殺し合うのが当り前の戦場で、目の前の戦友が次々
と倒れてゆく悲惨さは目を覆うばかりです。もうやだ〜(悲しい顔)

小生を含めて戦争を知らない世代にその愚かさを感じて
欲しいと思える作品だと思います。

Y新聞のコラムでも取り上げられていて、それを読みな
がら思い出したことがあります。

日清・日露の対外戦争で勝利した日本は軍国主義の風潮
が高まり、特にアジアの国々を中心に侵略していった経緯
があります。

対外戦争における勝利を殊更(ことさら)大きく取り上
げ、戦場に散った犠牲者を軍神として仰ぎました。

しかし実際に戦場に赴いた戦争体験者からは戦場での勇
猛果敢さを耳にしたことがありません。

小生の他界した父親も騎馬兵として中国の戦場に赴いた
らしく、額に入った軍服姿の父親の写真を見ながら子供
の頃に何度か戦争体験を尋ねた記憶があります。

しかし現地の人の生活のことは話してくれても戦場の悲
惨さは何一つ話してくれたことがありません。

今となって思うとき、これは「父親からの無言の手紙ふらふら
だったと感じています。
posted by 不動産コンサルタント at 07:56| 東京 ☁| 生活・家族・友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

優先席

電車電車に乗ると座席指定車でない限り各車両に優先席が設
置されています。

体のご不自由な方、お年寄り、妊婦の方に配慮をした措置
として定着しています。

ここでは携帯電話phone toマナーモードではなく、電源を切るこ
とがモラル化されていますが、中には平気で携帯電話で話
をしている人パンチを見かけます。

これを見かけると流石の小生も眉をひそめてがく〜(落胆した顔)しまうのです
が、お子さんが目目の前に立ったとき、皆さんが座っていた
としたらどう対応されるでしょうかexclamation&question

小学生トイレの低学年以下の子だったら席を譲る、それともお子
さんには席を譲らない・・・。
或いは、優先席には座らない。

ここは色々な考え方があるところだと思います。ふらふら

小生の場合は我が子にもそうしてきましたが、子供には基
本的に立たせておき自分も座らないで席を空けておく、と
いう考え方を基本にしています。

子供にはマナーと思いやりハートたち(複数ハート)や我慢ふらふらを身に付けてもらい
たいと思うためです。

しかし席が空いていて座ってしまうとついつい立ちそびれ
てしまうことがあります。

そんなとき、車内が混んできて小さな子供が目の前に立っ
たとき貴方ならどうする・・・exclamation&question

posted by 不動産コンサルタント at 06:14| 東京 ☀| 趣味・娯楽・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

松坂投手

今年から野球アメリカ大リーグのボストン・レッドソックス
でプレーすることが決まった松坂投手

西武球団がポスティングシステム(入札制度)において
獲得する60億円という金額ばかり採りあげられますが、
背景にはアメリカ大リーグで自分の力を精一杯試したい
という松坂投手の子供トイレの頃からの思いが叶ったわーい(嬉しい顔)、と
いう裏話が愛読誌本に紹介されていました。

松坂投手が大リーグに思いを馳せた背景には本人の資質
が優れていたのは勿論のこと、彼の両親が一生懸命あせあせ(飛び散る汗)働き
ながら育ててくれたことへの感謝もうやだ〜(悲しい顔)の気持からのようだ。

大輔」という名前も松坂投手が誕生したときにスポーツ甲子園
球児として一躍人気者になった荒木大輔投手に因(ちな)
んだものらしい。

その荒木投手がコーチとして西武球団で松坂投手を指導
したのも何かの縁を感じます。ふらふら

松坂投手がプロ2年目のとき当時オリックスのイチロー
選手と対戦して3打数3三振1四球と抑えたことで自信
を強め、大りーグに挑戦してからも一番対戦したい相手
イチロー選手ということらしい。

大リーグのアメリカンリーグにはヤンキース松井選手
もいてそれも同じ東地区に所属。

新たな球史の1ページを楽しみにしています。わーい(嬉しい顔)
posted by 不動産コンサルタント at 07:49| 東京 ☀| 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

改革の気概

公務員とは公僕とも謙称し「公衆に奉仕する人」のことを
云います。

公務員を志す人は「私利私欲を抑え、広く公衆に奉仕する
崇高な志を持つ人」と言い換えることも出来るはず。

恐らく殆どの公務員を志望する人達は高い志を持ってその
職に就かれていることと思います。

国会議員の事務所費なる問題が話題になっています。

議員会館ビルを議員事務所にしている議員の事務所費が大き
な隔たりを見せているのはどうしてだろう?

この種の問題は次々とTVテレビ等でも大きく取り上げられて
いますので、疑問(exclamation&question)を持たれる諸氏が増えて当然。

自ずと公僕である公務員としては、ことの詳細を明らかに
するということも当然の話。
・・・とはならないところに率直な疑問(exclamation&question)がある。

何でも領収書のいらない経費も認められるとか・・・。がく〜(落胆した顔)
そろそろ個人の確定申告時期がやってきますが、証明の無
い申告が認められたらどんなに楽か・・・。
企業の使途不明金も損金不算入のはず。

特権既得権があるとすれば、改正して公衆の理解が得ら
れるものにすべきでは・・・。ちっ(怒った顔)

今までも政治家への賄賂裏金の温床となっていた現実。
カラ出張費が問題提起されてきた事実。

選挙のとき当選するために頭を下げてもうやだ〜(悲しい顔)投票を依頼した謙虚
さをその場限りにしないで欲しいと願わずにはいられない。ふらふら

posted by 不動産コンサルタント at 07:53| 東京 ☀| 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

宇宙的視野

人類史上初めて宇宙ロケットから地球を眺めた旧ソ連の
ガガーリン少佐(当時)が「地球は青かった」と残した
コメントは余りにも有名です。

当時小学生トイレだった小生が興味深く新聞記事本を読んだ
記憶は遠い昔の話。

あれからどれだけの宇宙飛行士が宇宙空間を体験してき
たことだろう。

途中爆発炎上する失敗にもめげず宇宙開発に力を注いで
きたのには、それぞれの国の思惑もあってのことでしょうが
私達の生活にも多大の恩恵をもたらしてくれているのも
事実です。

日本人からも多くの宇宙飛行士が生まれ、各人がその専
門分野を生かした貴重な体験をされています。

その一人である毛利衛さんの体験記事を読みました。
宇宙から地球目見ていると、「人間のあらゆる営みは、
人間が生き延び、そして豊かになるためにある」という
ことを感じさせられた、とありました。

個人や企業間における単なる欲望や競争という前に、必
要とされる人間本来の「生きる欲望」がその目的となり、
そこに初めてビジネスの目的も生まてくる。

そういう本源的な欲求に応えられるものがビジネスとし
ての価値を持って受け入れられるのでは・・・と。

身勝手な解釈で単なる自己満足に帰してしまう目標しか
持てなかった小生にとって、この宇宙的視野での発想は
一つの警鐘を鳴らしてくれた気がします。もうやだ〜(悲しい顔)

posted by 不動産コンサルタント at 07:57| 東京 ☀| 趣味・娯楽・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

道州制

最近になって国会議員の中にも道州制導入を強く唱える
人が出始めています。

都府県という単位を大括(くく)りにして、北海道のように
九州道四国道等とするわけですが、最近ばかりでなく
以前からもこの制度については議論がなされたことが
あります。

最近になり都道府県の人口や経済の動向に偏(かたよ)り
が出始めている中で主張が高まって右斜め上きたようです。

実際の導入については、総論で賛成決定各論では利権や
運営方法で紆余曲折が想像されます。

アメリカでは50の州がそれぞれの行政機能を持つ連邦
国家を形成しています。

いまの日本は官僚国家と揶揄されていますが、実体を表
現する意味では的確性を持つと考えられます。

そんな中央集型体制の中で中央官僚がその権力をおい
それと手放すとは考えにくい。ふらふら

また東京一極集中とも見える行政経済の流れ次項有に逆らって
の行政に委ねることも正しいのだろうか・・・。

偉いお役人様の利権や感性だけではなく、真の行政の在
り方に議論を尽くす必要もあると思います。

日本には独特の文化風習があり、それが良くも悪(あ)
しくも伝統として根付いています。

ただ真似るだけではなく、国の独自性国民性を前提に
正当な議論を尽くして欲しいと思う。

posted by 不動産コンサルタント at 07:45| 東京 ☁| 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

マクロ感覚のすすめ2

毎週定期購読している雑誌本には特集記事や時々の出来事・
話題がふんだんに掲載されています。

通勤電車電車の中で2日くらいで目を通せる位のボリュームで
すが、目次から興味のある記事を先に読むのも一つの方法。
読んでいてジャンルを超えた感覚が蟹座錯綜(さくそう)している
こともあります。

少子高齢化トイレと人口減少右斜め下が進行する中、東京という大都会
に人が集中する社会現象の如何・・・。

将来を予測するときこれからの人口動向が経済に及ぼす影
響が大きいことは何となく理解できます。

移動手段としての交通物流のシステムも大きく様変わり
する可能性さえ考えられます。

例えばこんな記事がありました。
東海道新幹線新幹線で一番利用客が多い区間は通勤客が利用
する所要時間約40分の東京〜小田原間らしい。

リニア新幹線(東京〜名古屋〜大阪)が将来開通したとし
たら東京〜名古屋間が約40分で結ばれて通勤圏に入ると
ありました。

また東京から関西国際空港までの一時間半は、成田までの
時間と差がなくなると・・・。

勿論東京〜大阪間の飛行路線飛行機は激減するでしょうし日本
のあらゆるジャンルの動向はマクロ的な予測に基づいて計
画が練られて行くんでしょうね。ふらふら

posted by 不動産コンサルタント at 08:07| 東京 ☁| 趣味・娯楽・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。