2007年05月02日

知識の補充

小生が従事する不動産業のその殆どの業務は、関連する
法律によって規制を受けたり、決まった手続きを踏んで処
理をしなければならないことが多い。

古い慣習の中で、多くの不動産業者が不適切な業務をし
ていた時期もあったためか、「悪徳」という有難くない肩書
きを付けられ易かったのも事実でしょう。

実際に実務に従事しておりますと、新しい法律が施行さ
れたり、内容が変更になったりすることも様々です。

重要事項説明書の内容も追加されて、調査事項メモが増え
たりしているのが現状です。
 

ここ数年話題となった耐震性やアスベストに関する内容
は、既に説明項目として追加がなされています。

先日ある地域に出向きましたら、国道沿いの田んぼの
中にショッピングセンターができ、今まで開発ができない
はずだった山林が宅地造成されていたりと、ビックリがく〜(落胆した顔)
することばかり。

暫く住宅家に関連する業務を主体にしてきたので、直接
業務に影響のない変化に気付いていなかったのが実態。

また都道府県を単位として、各市町村の取り組みが主体
となる条例等に基づくものは、実際にその地域に関係し
ていないと中々気付かないもの・・・。

少なくも、東京、神奈川、埼玉の三地域における取り組み
の違いを痛感もうやだ〜(悲しい顔)させられた昨今でした。

posted by 不動産コンサルタント at 06:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・同僚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。