2007年01月22日

食材

最近お赤飯に似たごはんがレストラン食卓に上がっています。

何となく味が違うので「これ新しい赤飯?」という小生の
疑問に「雑穀ごはんヨexclamation」と返される家我が家の食卓。

食べてみて、その食感から何となく「栄養が豊富」と感
じておりました。

ある食品メーカーの宣伝文句を読んでいると、たんぱく
質、ビタミン、ミネラル、食物繊維がタップリ含まれた
16種類もの穀類からできているとか・・・。

インスタントやレトルト食品が横行する今の時代にこそ
求められる日本古来の胃にハートたち(複数ハート)優しい食材の数々。

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、す
ずな、すずしろ」
すぐに春の七草がすべて思い浮かぶ人はどれくらいexclamation&question
秋の七草にいたっては・・・ふらふら
 

小生にしても中学生か高校生のころの古文で丸暗記した
程度の知識しか持ち合わせていない。

ましてや「すずな」が「カブ」、「すずしろ」が「ダイ
コン」の別名なんて本当に知りませんでした。

古人(いにしえびと)の嘆きもうやだ〜(悲しい顔)が聞こえてきそう。

身近にある栄養満点ぴかぴか(新しい)食材をもう一度じっくり見直して
みる必要がありそうです。

【関連する記事】
posted by 不動産コンサルタント at 07:53| 東京 ☔| 生活・家族・友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。