2007年02月15日

投稿記事に教えられること

最近は情報誌や雑誌がフリーペーパーとして無料で店頭
に置かれているのをよく見かけます。

行きつけの麺処にも手のひらサイズの月刊小雑誌が置い
てあったので、一冊いただいて読んでみると結構「うるう
る」もうやだ〜(悲しい顔)とさせられたり「なるほど」ふらふらと納得させられたりする
投稿記事が満載されていました。

 その中の一つの記事が小生の目目を釘付けにしました。
そこには知的障害児の息子を持つ父親の心情が強く語ら
れています。

世間から見れば「お気の毒に」と思われることがその家
族にとってはこの上ない「せ」をもたらしている、という
内容の記事でした。

よその子供が数日で習得することもその息子には1年か
かることもある。

しかし、それを黙って見守る母親と根気よく同じ目線で
教える小学5年生の姉がいる。

最近、そのは息子と喧嘩ができるようになったことが
本当に嬉しそうだ、・・・と。

幸せ」なことって、実はほんの身近にあるものなのに
考え方次第で不幸になったりもしてしまう。

今ある現実を素直に見つめ、そして前向きに生きてゆく
ことが全て幸せに向かっていると受け止めたい。
          (参考:ニューモラル448号)

【関連する記事】
posted by 不動産コンサルタント at 07:58| 東京 🌁| 生活・家族・友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。