2007年02月23日

旧友

早いもので昨年の今頃の出来事でしたね。

イタリアのミラノでフィギュアスケート荒川静香選手が
日本チームに初の金メダルぴかぴか(新しい)をもたらし、やっと溜飲を
下げることができたのは・・・。

この頃に小生の高校時代のブティックラグビー部の同窓会が行
われ、37年振りに旧交を温めることができたのも・・・。

何の屈託も無い当時の感覚に立ち戻り、1年でも先輩後
輩のけじめが生まれる。

頭の白さや薄さでは立場が逆転しているようにも見えて
も、小生よりも遥かに恰幅のよい後輩から「先輩」なんて
呼ばれると何とも落ち着かない気分。

あれから1年が経過した先日、今度は急遽同級の同窓会
をやることになり二つ返事で参加を快諾。

会合の場所に向かう道すがら「ヨォー」と知らない人から
声が掛かる。

帽子と白ひげの主は小生の姿を見つけて気軽に38年前
の昔に浸っていても、小生からはその紳士がどこの誰や
ら皆目見当がつかない。

帽子を取って微笑む「目」に昔の面影が戻りやっと38

一直線にタイムスリップ。

「ヤァーお前かexclamation×2元気そうだな。」
思わず交わす握手手(グー)にも力がこもる。

コンピューター関連の仕事で飛行機外国出張が多いという。
またもう一人の旧友は現役のアスリート。

某飲料メーカーに勤務の傍ら、くつフルマラソンくつに参加し
続けてタイムも結構早い。

まだまだ老け込むには早すぎると感じさせられる瞬間で
もありました。

同窓会名簿本にも加えさせて貰ったので、これからも青春
の息吹に浸るチャンスを数多く持ちたいものです。

【関連する記事】
posted by 不動産コンサルタント at 07:50| 東京 ☀| 生活・家族・友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。