2007年03月19日

商売のポイント

愛読する本週刊ビジネス誌は情報メモやアイデアひらめきの宝庫。
尤も興味を持てる記事が小生の稚拙な知識に新鮮な情報
を吹き込んでくると云った方が正しいのかも・・・。

今読んでいる記事の中でインフラに投資する外国資本の
ことが掲載されていました。

民間企業や自治体運営の車(RV)有料道路、電車鉄道、飛行機空港、
レジャー施設等のインフラを再生する投資会社の記事です。

現状の運営が上手く機能していないインフラに独特の視点
から改善を加え、赤字経営を黒字化グッド(上向き矢印)して利益を生み出す
という考え方に立つもののようです。

よく内容を読んでみると「合理化」という改善手法が採用
されていますが、日本人の国民性に根差す「しがらみ」や
習慣」「風習」といったものに対して経営に対する考え
方の違いが反映されているだけの気もしてきます。

バブル崩壊バッド(下向き矢印)と資産デフレ右斜め下で疲弊してしまった日本が、
何もかも自信をなくしてボーッとしている間に外国資本の
餌食になったという感じです。

I T  バブル以後のマネーゲームにおいても一部の富裕
層を生んだだけで、国全体での繁栄の感覚は薄い。

私たちは目の前にあるインフラや山、樹木、川、海、と
いったリゾート自然の中に見落としているものがあるような気
がしてならない。ふらふら

posted by 不動産コンサルタント at 06:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。