2007年03月24日

教育

「五体不満足」の著者でスポーツライター乙武洋匡さんが
東京都杉並区の小学校ビル教育者とスタートする。

あの明るさわーい(嬉しい顔)と努力によって自らの困難を克服してきた
乙武さんに何とはなしに期待が膨らんでしまう。

「人は一人一人違っていていいんだよ」という乙武さんの
教育の基本理念には、人間の本来あるべき原点を改めて
思い起こさせられたようです。

「世界に一つだけの花」るんるんの歌詞とも共通する理念が感じ
られます。

著書の題名が示す通り、ご自身がこれまで障害を持ちな
がら世の中に正面から向き合い強く生きてこられた経験
教育という場で発揮されると思う、と書くとご本人には
失礼に当たるのだろうか・・・。

多感な小学生が教育の場で乙武さんの様な先生と直に
接して行くことで、他では得られない貴重な体験ができ
るかも知れません。

ただ乙武さんだからと特別扱いすることは、ご本人の思
惑とかけ離れさせてしまうと感じています。

乙武さんの教員任期は3年とありました。
ご自身の教育理念が、小学生という時期を過す子供達を
通じて引き継がれてゆくことを期待しています。

そして任期後に改めて2年の任期を無事迎えられるよう
応援しています。

posted by 不動産コンサルタント at 06:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。