2007年03月28日

巨星逝く

昭和30年代からの印象が強い日本経済の高度成長。右斜め上
何をするにしてもそして希望が満ち溢れていた時代。

戦後日本の繁栄は、この頃から始まったといっても過言
ではではありません。

そんな時代の日本の世相に、笑いをもたらす大スターぴかぴか(新しい)
現れ、たちまち全ての日本人の心を虜にしてしまいました。

その人の名は、元クレージーキャッツの「植木等」。

40代後半以上の人なら、この人のコントにお腹を抱えて
笑ったわーい(嬉しい顔)ことが少なからずあるはずです。

後年は性格俳優として、映画映画やテレビTVドラマの貴重な
脇役として存在感を示されておりました。

その人が27日に亡くなったと報じられて、一つの時代の
終焉を感じます。

享年80才といえば小生の亡き母と同い年。

昭和という時代そのものを生き抜いた天性の喜劇人であ
り、役者だったと記憶に強く残っています。

喜劇人には、どちらかというと我儘で気難し屋が多いと
いう印象がありますが、小生の感覚の中に、この人にそ
の思いは全く感じられない。

最近は、子どもの頃から見慣れてきた人の訃報がやたら
と目につきます。

ときの流れの中で、いつかは必ずやって来る「そのとき」に
どれだけ納得できた人生を送れているんだろう、と真剣に
向き合える年令になりつつあります。ふらふら

posted by 不動産コンサルタント at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。