2007年04月06日

選挙権

明治から近代社会になった日本では、一般国民に対して
選挙権が交付されたことを歴史本で学びました。

その後、幾多の紆余曲折を経て20才以上の全ての国民
選挙権を持っています。

今、小生の自宅には48日の統一地方選挙に向けて、
投票所整理券が三名連記で届いています。

前回までの整理券は妻と二名連記だったものが、今回か
ら長女が加わり三名になりました。

あと三年すれば、次女も加わって家族全員が選挙権を持
つことになりますが、自分の子が成人して選挙権を持つ
ことで、責任を少しだけ果たせた気がします。

暫くすると、これが当たり前のことになってくるのでしょ
うが、人生の中で一つ一つの区切りのときを感じてい
る昨今です。

年をとったと言われてしまえばそれまでですが、この足
跡に対する実感も、どれだけ大切に感じられるかでその
有難味も異なってくる。

幸福ハートたち(複数ハート)とは、日常の平凡な生活の中に存在することを改
めて感じさせられています。

そして健康であることの有難さ、素晴らしさを実感しながら
感謝の気持ちを新たにしています。

さて今度は誰に投票しようかな・・・exclamation&question
【関連する記事】
posted by 不動産コンサルタント at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・家族・友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。