2007年05月18日

遅咲きの大輪

野球野球といえばメジャーリーグイチロー選手や松井選手
そして今年メジャーデビューした松坂投手に目が行きが
ちですが、昨日プロ入り22年目で2000本安打を達
成してめでたく名球会入りぴかぴか(新しい)の権利を手にした日本ハム
ファイターズの田中幸雄選手には心から「おめでとう」わーい(嬉しい顔)
言いたい。

本人へのTVインタビューの中に「恥ずかしい」というコメン
トがありましたが、田中選手の人柄を偲ばせていて何と
なく清々しく感じました。

派手なパフォーマンスをしたり目立ちたがり屋ではない
だけに、田中選手に好感を抱き、陰ながら応援してい
るファンもきっと多いはず。

高卒ルーキーとして18歳でデビューし、長い年月を無
事に過すということは、スポーツプロスポーツの中では中々難し
いと云われます。

田中選手も近年は出場機会も少なくなり、代打での出場
では一試合一打席が定番。

ここに来てフル出場が続き、昨日は2000本に加えて
2本を上積みする猛打賞。

華々しく活躍するスター選手の陰で、コツコツと年輪を
積み重ねる地道な努力あせあせ(飛び散る汗)の選手に陽の目が当たるのは、
一人のファンとしても嬉しいものがあります。

田中選手は年齢的にも大きな記録への挑戦は、これか
ら先そんなに多くはないでしょう。

しかし、確りとした足跡を後に続く若い選手につなげた
功績は計り知れないくらい多いはず・・・。

posted by 不動産コンサルタント at 08:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。